0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画三連弾!

「海賊戦隊ゴーカイジャーっVS宇宙刑事ギャバン」を観た。
シネマ歌舞伎「天守物語」を観た。
「ベルセルク黄金時代篇1覇王の卵」
さすがに疲れた…。
一日シネコンにこもりっきりだわ。
ゴーカイVSギャバンはギャバンが出てくるなりなんか涙が出た。
あれれ!当時高校生の俺はガキ番組は見ないでいたのになあ。
「よろしく勇気」でもう落涙状態。
人生で大事なことはみんな戦隊と宇宙刑事と仮面ライダーが教えてくれたのかもしれない。
いつもはシニカルなマーベラスが今回は浪花節全開。
もうギャバンはマベちゃんにとっては父親のような存在なのか。
てれてれてれてれぱーぱーぱぱぱぱぱぱぱっぱぱー「レーザーブレード!」
ああ、たまらん。
ガキ番組でもずっと作り続けているからこそ、これだけの感動を与えてくれる。
わたくしが死ぬのは戦隊の最終回の日だったらいいなあと思わしめたのであった。

「天守物語」は泉鏡花原作。
「天守物語」「海神別荘」「高野聖」と毎月が泉鏡花月間なのである。
姫路城天守第五層には人ならぬものたちが暮らしている。
そこに迷い込んだ者は生きては帰れないと云う…。
天守に暮らす富姫(坂東玉三郎)がたわむれに城主の鷹をとらまえた。
鷹匠姫川図書之助(市川海老蔵)が鷹をさがしに天守に現れる。
鷹を失ったとがで切腹を言いつけられた図書之助は生きて帰れない天守にあえて登ったのだった。
図書之助は富姫に見初められ、ともに暮らそうと言われたが地上に戻る・
しかし罪はゆるされず討つ手に追われて天守に逃げ込む。
果たして…。
泉鏡花は異形と人との恋物語をよくした作家である。
と言いつつわたくしはまだ読んだことがないので、今度読もう。
劇中に「夜叉が池の…」と云う台詞があってちょっとニヤリ。
玉三郎サマは「帝都物語」で泉鏡花役だったが、やっぱり似てる。
歌舞伎はおさらいしてから観ないといかんなあ。

「ベルセルク黄金時代篇1覇王の卵」ごぞんじベルセルクですよー。
知らん人は読むように。
あの猥雑で不潔で血まみれでほこりまみれでこの世に幸せなどどこにあるのかわからない絶望と腐臭と腐肉と血だまりと悪意と覇権と弱肉強食と理不尽と理不尽と理不尽の世界…!。
絶望の地の底から見上げた空の青さと空を舞う鳥のように自由に生きられたらいいのにと思うのに、地をはいずり泥水をすすって生きるしかないこの世のありさまそのものがこの物語。
現世は地獄。
弱い者には夢を見る自由すらない。
だから力を欲した。
地獄を一人で歩みのはつらすぎる。
だから仲間を集めた。
対等の友が欲しい。
汚辱をも分かち合える友が欲しい。
だからグリフィスはガッツが欲しかった。
誰もが自分なりの生き方しか出来ない。
それぞれの生き方が間違ってるとは言えないのに。
それでも人はいつかたもとを分かつ時が来る。

緊張感の連続に疲れた。
もうちょっとダレ場があればいいのに。
しかもあのややこしい甲冑が集団で動く動く!
不死のゾッドもスゲー!!
さすがはSTUDIO4℃。
以前のテレビアニメでは食い足りなかった部分が完璧だわさ。
難を云えばCGの甲冑がきれい過ぎるくらいか。
画面から腐臭がにおうくらいのを期待していたが、誰も見たくないわなそんなの。
ガッツの初やおいシーンは悪夢のシーンに出てきたー。
「お前は俺のものだ」
やおいフラグ立つ立つ。
ガッツのグリフィスを見る眼は完全に恋する乙女だわー。ぐふふー。
あと二本で「蝕」に至るのか。
もうしばらく生きる楽しみが出来た。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。