091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に怒りの電流はほとばしったか!?

「電人ザボーガー」初回舞台挨拶見て来たッ!
すげえぜッ!
ひどいぜッ!
これこそザボーガーだぜッ!
ビミョーなエロスとスプラッター風味は井口監督の持ち味なのだろうが、ええ感じにひどいぜッ!
たまらんひどさだ。大画面で観ないとこのおかしさは伝わらない。
ジャンボメカもひどいぜッ
しかし現代においてジャンボメカの萌え擬人化はアリ。
ぜひとも映画館にGO!
大門博士が死ぬシーンのひどさは筆舌につくしがたい。
竹中直人ノリノリで死んでるし。
柄本明ノリノリで殺してるし。
まさかザボーガーで「そこはやめて」とか「大男に辱められるとは~ッ!」とかのやおいシチュエーションがあろうとは。
エレキアンデス(全裸)とキングアフリカ(全裸)にやおられる竹中直人(半裸)を観たい人は映画館に急げ!
上映期間は短いぞ!!



以下少々ネタバレあり。
基本もとネタには忠実だよ。
ゴーオンレッドの大門豊は真面目ですとも。
真面目すぎてゆーずーがきかないけど。
世渡りへたな空手バカ。
シグマ戦闘員の杖を手刀でへし折ったのが顔に当たるところまで再現してます。
山崎真美のミスボーグは藤山律子を意識した芝居でよし!
残念ながらマッチョミスボーグは出てきません。
何を血迷ったか大門とラブシーンを演じる羽目に。
つーかサイボーグの愛撫は激しいのう。
濡れ場がどつき漫才にしか見えない。
だがそれがいい。
第二部の板尾創路はハナから人生をあきらめた感じでよしッ!
しかし若いころのテンション高い状態と比べると、いちいちグチまじりの中年大門は同世代としては身につまされる。
リアルすぎる。
でも最後の戦いに立ち上がるおっさん大門には心からエールを送りたい!
誰しも現実のみじめな自分から違う自分に到達したいし、それができるのは限られた人間だけだと知って生きている。
でも明日は今日より少しちがう自分になろう!
そんな気持ちにさせてくれる映画です。
スポンサーサイト

テーマ:電人ザボーガー
ジャンル:映画

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。