091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本の迷宮

久しぶりに濃い古本屋に行ったぜ。

桑田忠親「古田織部●人と茶と芸術」(昭和43年徳間書店)
文庫で買った本とちょっと違う。
図版が多くてお得。

村井安彦「千利休追跡」(角川選書平成二年)
江戸千家川上不白についての記述があるので。
神田明神横にあった川上邸は東京大空襲で焼けたそうです。

白洲正子「いまなぜ青山二郎なのか」(新潮社1991年)
箱入り本!装丁がむちゃくちゃ綺麗!
なにこれ白州正子が自分でデザインしたのか?
よくよく見たら装画は青山二郎自身が描いたもの。
うわあ~文庫じゃあこの驚きはないわ。
本はネットでさがしちゃいかんなあ。
遭遇する驚きも楽しみの一部だねえ。
稀代の目利きであった青山二郎は今後よく調べてみないと。

白川静・中村元・梅棹忠夫・梅原猛「私の履歴書 知の越境者」(日経ビジネス文庫2007年)
ご存じ日本経済新聞の「私の履歴書」。
白川「漢字の世界」静先生と梅原「隠された十字架」猛先生。
興味津々であります。
以前わたくしが見つけた加藤唐九郎「かまぐれ往来」も私の履歴書。
おおう岸信介とかもあるのか。
さがしてみよう。

川島よしお「おちけん」(双葉社2009年)
なにこれすごい面白い。
川島よしお幅のある漫画描くようになったんだ。
笑って泣かせる、いい噺です。
スポンサーサイト

テーマ:古本
ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。