0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚れちまった悲しみに

「へうげもの」ショックのあまり思考停止が続いていた。
あまりのつまらなさに録画予約を「まんが水戸黄門」と間違えたかと思ったが十文字葵斬りが出てこなかた。
十回くらい見たら面白くなるかと思って見返したがつまらねええ。
「少年徳川家康」のほうが面白いと思います。見たことないけど。
中島誠之助の「へうげもの名品名席」が良い。
アニメなんか飾りです。
(NHKの)エライ人はわかっとらんのです。
ぐふふ昨年のうちに静嘉堂文庫美術館で付藻茄子を見ておいて良かったわい。
大坂夏の陣で城もろともこっぱみじんに砕けた付藻茄子を再生した物語のほうがドラマで見たいわいな。

「へうげもの」を見るために購った地上デジタル液晶テレビとブルーレイレコーダーがすっかり恥をかいてしまた。
もうね「へうへもの」は「銀魂」とスタッフ総入れ替えしてほしいの。
そうすればギャグと下ネタ満載であろう。
ウラシマン真下耕一(初監督作で呼ばれるのは不本意であろうが)は自社で全三十九話請負で中抜きして作ってるとしか思えねえ。
おっと怒りのあまり根拠のない誹謗中傷をしてしまた。
ネット雀がアニメやらの悪口を虚空に向かって吼える気持ちがようやくわかった。
好きなればこそなのだろうが、わたくしは建設的でない叫びはせぬことにしている。
未熟なオノレをさらけだすのは恥ずかしいゆえなあ。

悲しみのあまり勅使河原宏監督の「豪姫」のビデオを買ってしまた。
1992年作品。
宮沢りえ主演さんたふぇ~若いのう。
古田織部を演じるは仲代達矢である。
仲代達矢の「はにゃあ」とか「めにゃあ」があったらカッコいいアホよな。
高山右近が松本幸四郎!
茶碗に絵付けするシーンがなかなかに興味深い。
ううむ織部沓形茶碗を窯出しするあたりがたまらぬ。
三國連太郎が落ち武者狩りをしている~。
まだ生きている死にかけ武者の首しめて具足をはがすとは!
おおあまつさえ連太郎腹上死。
前作「利休」(1989年作品)では三國スーさん連太郎が千利休を演じておったわ。
「利休」は野上弥生子「秀吉と利休」を基に千利休が秀吉に死を賜るまでを描いた作品。
公開当時映画館で観たが、そのころにわたくしには知識としての茶室の理解すらできなかった。
ああでもそのころ上野の国立博物館で「柴庵」を見たのが焼き物に感動した第一歩だった。

ようし「へうげもの」を音読でゃッ!
『ガキッめたぁストンカラッパアッカクンヌルギュザッカカカコキシモシッTサシサシサシ』
「志野は「はんっ」という感じ……「はんっ」と「はにゃあ」どちらが欲しいかといえば……「はにゃあ」のほう」
俺の脳内アニメなら俺監督俺アクション俺声優の思うままよ!!
スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想
ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。