041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静嘉堂にて

静嘉堂文庫美術館
国宝 曜変天目茶碗(稲葉天目) 建窯 宋時代(12~13世紀)
「花の慶次」で家康が利休に「曜変天目を手にいれてござる」って言ってたアレ。
室町時代に作られた曜変天目は世界に三個しかない。
来た見た割った!
いや割らないが。


さすがは三菱財閥の至宝!
ひとつ口にいれて持ち帰りとうなったわ。
朝顔形の油滴天目が…なでたい。
灰被天目の釉の流れがたまらぬ。(灰被とは、灰をかぶったような釉の趣きからつけられた呼称)南宋なら青磁よりこれじゃよ!
マ・クベもびっくりじゃあ。
おお長次郎先輩!
お久しぶりッス!
むうう織部がメタリックなグリーン!
織部メタル!!(声:立木文彦)
野々村仁清の作りし茶入十八揃いを見てよだれが口からあふれそうじゃ。
九十九茄子(付藻茄子)茶入!
松本茄子茶入とともに大坂夏の陣において山里廓で粉々になった破片を継ぎ合わせたもの。漆で釉薬の流れを再現した職人芸の極み。
徳川家康もめでた逸品である。


名物を見ていたら胸が痛くなった…これが恋!?
スポンサーサイト

テーマ:陶芸
ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。