091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女王組曲

終日デューク・エリントンの「女王組曲」をかけて作業。
1958年英国の音楽祭に招かれたデューク・エリントンは、エリザベス女王と言葉を交わした。音楽祭への招待の返礼として作曲録音、2枚だけプレスしたレコードの1枚を女王に捧げたと云う。
残った1枚からエリントンの死後初めてプレスされた。
ジャズのフレーズだけではない。様々な音楽のにおいがただよう。
「池波正太郎の銀座日記」に曰わく~エリントンがアメリカやカナダの野や川や空からインスピレーションを得てつくりあげたもので、ジャズだとかクラシックだとかいう音楽の範疇をこえた美しいものだ。エリントンのナイーブな詩心が、いささかの衒いもなく流露している。
美しい曲です。機会があったら聞いてみてみて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。