0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の町はアリ地獄だぜ

神保町で資料探し。
と書くと司馬遼太郎センセのようでカコイイが。
古本屋買い切るワケでもないのでぶらぶらマンガを買うのである。

ディック・ブルーナ え/ふなざき やすこ ぶん「ミッフィーのゆめ」
これをさがしてたの。
ひさびさに「シャアちゃん」を描こうかと。

basso[amato amaro](茜新社)
basso名義のオノ・ナツメやをい短編集。
パスタが食べたくなる。
最近パスタソースを作るのが楽しい。
タマネギのミジン切りにガーリック少々を15分オリーブオイルで炒め、トマトとお好み野菜をたたき込んで煮込む。
水分を適度に飛ばしたらパスタのゆで汁を加えると味がなじむ。
完熟トマトで作るとなんとも(たまらない…)味なのである。

入江亜季「群青学舎」第二巻(エンターブレイン)
早く封を切りたい。
あんまり沢山本を買うと一週間でも読み切れない。

萩尾望都「山へ行く」(小学館)
日常っぽい作品集。
SFのガジェットは隠し味。
安心して読めるのも良し!
保阪正康「六○年安保闘争の真実」(中公文庫)
よく知らないことは色々調べないといけない。
右の人と左の人、双方の視点で書かれた本を読まないとわからないことは多いであろう。

日本語力向上会議「デキる人は「喋り」が凄い」(角川oneテーマ21)
日本語の構造の勉強。
大体ヘンな言葉遊びに使うネタ拾いだが。

福岡伸一「生物と無生物のあいだ」(講談社現代新書)
生物の定義とは何か。
個人的には人間を人間たらしめている知性とは何かが気になっている。
異様な行動をとる人は、人間の形をしていても間違ったソフトウェアで動く壊れた分子機械なのか。
生物とは何かを知りたいので。
スポンサーサイト

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。