1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正太郎くンと正太郎兄さンの入浴シーンが

「鉄人28号 白昼の残月」を観た。
テレビの今川版の世界観でも昭和30年代風俗満載でしたが、
建設中の東京タワー出てくるあたり「三丁目の夕日」世界の鉄人です。
上映後の唐澤俊一トークがおかしかった。
つづきは、映画館で観ようと思う人は読まないでください。
唐澤「モンスターがザコ扱いなのはゆるしがたい」
もっともだ。
ドラマ的には、正太郎くンと義兄正太郎。
鉄人対大鉄人がメインなので、バッカスやらギルバートやらは見せ場がいまいち。
楽曲も伊福部昭作品を切り貼りするのはどうかと思う。
なまじ「日本狂詩曲」も「シンフォニア・タプカーラ」も原曲を知っているので、画面となじまない感ばかり先に立つ。
本来、伊福部昭の劇伴はキャラクターにライトモチーフを設定するゆえ(ゴジラにはゴジラのテーマ)、楽曲をそのまま引用しても鉄人のキャラクターを象徴する曲になりえない。

トークショーで唐澤俊一が語っていた。
「この作品を観た人たちがそれぞれ、オレの考えた鉄人を作ったらいいと思う」
「怪獣総進撃」みたいな横山世界のロボットでバトルロイヤルにしてしまえばいいのに。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ
ジャンル:映画

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。