0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白樺派って読んだことないな

買った本。
丸谷才一「絵具屋の女房」(文春文庫)
半身浴20分を毎日したりするわたくしですが。
丸谷さンのエッセイはちょうどいいのです。

「文藝春秋四月特別号 衝撃の新発見「小倉侍従日記」昭和天皇 戦時下の肉声」
文春は入浴中に読むには分厚い。
内容が重たい。
紙質が水分に弱いなどの弱点が多い。
なので読み終わらないうちに次の月が来るのでした。

勝谷誠彦「偽装国家」読了。
スポンサーサイト

テーマ:本に関すること
ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。