071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシシッピを下れ

今日の買い物報告。

マーク・トウェイン「ハックルベリー・フィンの冒険」(岩波文庫)
1885年出版ごぞんじ米文学の名作である。
前作「トム・ソーヤーの冒険」から読むべきだとは思ったがハックと逃亡奴隷ジムの掛け合いがオモロそうなのでつい‥。
「トム‥」はインヂャン・ジョーがいいんだってばよ!

丸谷才一「男もの女もの」(文春文庫)
丸谷さンのエッセイは下世話な話題をとりあげていても、事件の背景で語られる文献などの引用が極めて興味深いのですね。
イアン・フレミングの伝記についての記述が面白い!
フレミングの二番目の妻の男性遍歴がおかしいというか何というか。
それはそれとして、イギリスの男性はカッコいいが、女性はダサダサと云う話が語られる。
なんでもイギリスに半年暮らすと美人に見えてくるそうです。
イラストの和田誠さンも滞英1週目と1年目のフレミング夫人を描き分けているのがおかしい。
そーいやドイツは美人が多かったけど、ロンドンはデブ率高めだったな~。

ライアル・ワトソン「未知の贈りもの」(ちくま文庫)
「アースワークス」が面白かったような記憶が‥あいまい。
スポンサーサイト

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。