0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛で空が落ちてくる

古本屋があれば入ります。

見沢知廉「囚人狂時代」(新潮文庫)
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/misawa/profile.html
新左翼セクト活動家から新右翼民族派になった著者。
懲役12年の間に出会った囚人の行状をつづる。
この方の名前は知ってるけど右も左もよくわからないわたくし。
思想があって行動が伴い、思想の表現としてゲリラ活動そして小説を発表している人の書いた刑務所で見た人たち。
花輪和一「刑務所の中」と併せて読むと面白いかも。

http://picnic.to/~hdk/manga/hanawa/hanawa.htm

目黒孝二「酒と家庭は読書の敵だ」(角川文庫)
「本の雑誌」社・顧問、「あやしい探検隊」釜たきメグロこと文芸評論家北上次郎の読書エッセイ。
古本をさがす話などは、本好きならではの行動パターンがよく理解できる。


唐沢俊一「カルト王」(幻冬舎文庫)
唐沢さンの初期エッセイ集。

開高健「食後の花束」(角川文庫)
開高さンのエッセイ。
「オーパオーパ!!」のカリフォルニア篇とモンゴル・中国篇が見つからない。

スポンサーサイト

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

secret

top↑

comment

Re.

刑務所モノだと山本譲司の「獄窓日記」「累犯障害者」なんかどうですかね?
医療刑務所での痴呆老人介護とか藤沢さン好みではないか?と勝手に思っちゃうんですが…

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。