0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残暑きびしき折

開高健「輝ける闇」読了。
事実は「ベトナム戦記」に記された通りだが、作家自身の言葉として咀嚼するまでに四年かけている。
ルポルタージュは、あったことをあるがままに語るのみだが、小説は作家の感じた真実を語っている。
味覚触覚聴覚などの言葉で説明し得ないものを描写する才能に長けた開高文学が戦場のリアル-死を見つめている。
リアルがわからないと生きている気がしない。
そして虚無と隣合わせで生きるのが人生なのであろう。

サン=テグジュペリ「人間の土地」読了。
虚無を見つめた作品の次は、ある種-人間賛歌-でもある本書をおすすめする。
コンピュータが無い時代の航空機。
与圧室なし!風防なし!ナビゲーションはコンパスと地図のみ!雲に入ると方位は勘まかせ!
不時着すれば、蛮族のえじきか飢えと乾きで死ぬか。
不思議と語り口が開高さンと似通っている。
「星の王子さま」早く読まねば。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。