091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六十二痴房列車

戒壇院

戒壇院は824年創建だそうです。
本堂の根本中堂には最澄が手づから彫った薬師如来像があるとか。
延暦七年(788年)開山以来“不滅の灯明”が灯されている。
元亀二年(1571年)には織田信長の叡山ジェノサイドで消えていると思う。
三月十三日は“比叡山大護摩供法要”にあたり、願文の書かれた護摩木を炊きあげる。
護摩木に願いを書いておくことにする。
『うちにラムちゃんが来ますように』
『君のような女神にずっといてほしい』
『ガンダムに乗りたい』
『パンダのおなかにさわりたい』
『ひきこもりが直りますように』
浮き世の悩みは尽きないものである。



錦天満宮

錦天満宮は錦小路の始まりにある。祭神は菅原道真。
商売の神様ゆえお参り。
京都市役所

シブイぞ京都市役所。
京都市役所

ディティールがたまりません。

京都市役所から三条大路を南へ渡ると寺町通り界隈に出ます。
「松鮨」に向かう。
「すんません二時から五人さん予約が入ってまして
小さい店で細々とやってまっさかい」
気さくな店主。
「大将長生きしてください。きっとまた来ます!」
そんなワケで西国の長年の敵と戦えなかた悲しみをどこに叩きつけよう。

三嶋亭

牛鍋や“三嶋亭”
三嶋亭

創業明治六年。
関西流のすき焼きを喰いつくす!

三嶋亭

シブイ内装。
肉

おおう霜降り!
むう砂糖を鍋にまぶして、肉を焼く。
そして割り下を注ぐのか。

松の翠

純米大吟醸“松の翠”
はー喰った喰った。
そして錦小路で柴漬けを買う。


無垢の酒

まさに無垢の尻だよ…いや無垢の“酒”。
ああ、柴漬けが酒に合うのよ。

http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=459
錦小路は恐ろしい…端から歩いていくだけで次々に荷物が増えていく。
柴漬け、日本酒、草だんご、だしカツヲ、ああ!瀬戸内ではポピュラーな甘鯛(ぐじ)がある!

http://www.inoda-coffee.co.jp/
新幹線の時間まで〈イノダコーヒ〉で一休みじゃ。
“アラビアの真珠”を頼む。
注文の時ミルクと砂糖を入れるか聞かれる。
コーヒを味わう最適の量がきびしく定められているのであろう。
酸味が強いコーヒであります。
チーズサンドイッチも頼む。すき焼きを喰ったあとだががんばって悔いまふ。
ハムサンドも喰いたかった。
新幹線の時間がせまる。
あわただしく京都駅に向かう。

通りすがりに見かけた店。

よーじや

なにものなりや?

列車に乗る楽しみと云えば駅弁であります。
わたくしは“柿の葉寿司”が好きでしてなあ。
ていうか喰い過ぎで腹苦しい。
でも食べゆ。

“のぞみ62号”で帰りました。
スポンサーサイト

テーマ:京都・奈良
ジャンル:旅行

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。