FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

空手の道は(ウルトラ)人の道

ウルトラの父こと「ウルトラ・マスタツ」は宇宙山ごもりから町に帰った。
そして全宇宙空手選手権大会に出場した。
しかしその試合は死合にあらず。
寸止め光線で勝負を決めるものであった。
「こんなものは空手ではない!
ウルトラ・ダンスだ!!」
異端視されるマス・ウルトラ。
「先生!ぼくウルトラ祖父江(ゾフィ)です。空手が好きです。ぼくを弟子にしてください」
「よかろう祖父江くん…だが修行はきびしいぞ!」
後の宇宙警備隊隊長ゾフィとの出会いであった。
マス・ウルトラがゾフィに与えた修行はすさまじいものであった。
G型恒星の中心を突き抜ける修行…。
若い恒星は中心部の温度が高い。
次第に質量の大きい恒星に修行の場を移し、赤色巨星、白色矮星、中性子星へと超重力にあらがうだけの力がなければ死あるのみ。
最終的にはブラックホールの中心を突き抜け、ホワイトホールから脱出するのである。
「よかろう!初日はまあこの程度で準備体操がわりにしておこう…!」
「こ…これが準備体操…!?」
まさに命がいくつあっても足りないウルトラ修行であった。
のちにゾフィはこの修行から命をふたつ持ち歩くようになったという。

「宇宙北海道に行く…そして宇宙恐竜と戦う予定だ!!」

宇宙恐竜…とくにゼットンは宇宙に棲息する最強の怪獣であり、その戦闘能力は決してゴジラやキングギドラにもおとるものではない…とされる。
マス・ウルトラは若かった。
とどまるところを知らない超人追求の夢は宇宙牛に続いて“宇宙空手による宇宙恐竜打倒”に心の照準を定めていた。
ゾフィは驚愕した。
「好きだ!…おれは…この…ムチャで…どでかいバカで…あぶなっかしくってハラハラさせる…しかしつねに前進する…この人を!!たまらなく好きだ!」
スポンサーサイト



テーマ:特撮系番組総合
ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿

secret

top↑

comment

「当道場にはジャックなどという者はおり申さん(ガチャン)」

おもろいなぁ~

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム