0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屈強なウルトラマン

こんな話を思いついた。
「ウルトラバカ一代」
M78星雲で宇宙山ごもりをする一人のウルトラ族の青年がいた。
若きウルトラの父である。
彼は自らが新たな宇宙空手の創始者たらんと激しい修行の日々を送っていた。
しかし彼の肉体はいろいろと悩み多きことであった。
「おおなんという(宇宙)人恋しさだ!!」
片眉を落とそうと思ったが、ウルトラ族には眉毛がなかた。
しかたがないので片角をへし折った。
「ははは片方の角がないウルトラ族のなんと珍妙なことよ。
まるでバッファローマンだ!」

そのころ「光の国」は宇宙戦争に敗れて宇宙怪獣進駐軍がデカイ顔をしていた。
ウルトラの父は怪獣兵士がウルトラ婦女子に不埒なふるまいをするのを見過ごせず、ウルトラ空手で叩きのめしてまわっていた。
怪獣兵士の顔が気にくわないとケンカをふっかけ、宇宙MPが来るころには宇宙ヤミ市の雑踏にまぎれて逃げる。
顔が売れて、町にいづらくなり、山に逃げた。
その後いろいろあって素手で宇宙牛(おそらく水牛怪獣オクスターであろう)殺しを行う。http://www.mandarake.co.jp/information/2005/10/29/sby01/index.html
ウルトラの父の頭の角は「宇宙牛殺し」のあかしである!

「光の国」で宇宙代議士の秘書として勤めていたときに出会ったのが、後のウルトラの母「チヤ子」である。
ある日ウルトラの父は、「チヤ子」を拉致って宇宙山小屋に幽閉。
「君ィぼくの妻にならないと帰してあげないよ」
「チヤ子」はおじょうさん育ちなので、夫婦とはそういうものなのかと思いウルトラの父のウルトラプロポーズを受け入れた。
スポンサーサイト

テーマ:特撮系番組総合
ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿

secret

top↑

comment

うまいよな~

サイト見てたら記事が載っていたので、見にきました。BLOOG-RANKINGに載ってましたよ!また見にきますね~!

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。