0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の海

星野之宣「2001+5」
「2001夜物語」番外編が20年の時を越えてようやく単行本化!
「夜の大海の中で」…恒星間無人探査船ディスカバリーの目的は知的生命体とのファーストコンタクトである。地球から送り出されて500年。人類はすでに恒星間航行を可能ならしめ、ディスカバリーの航路上にはすでに人類の植民地があった。地球人の宇宙船を知的生命体の物と信じて通信を送るディスカバリーのコンピュータKARK9000(カーク船長!)。そっと見送る宇宙船の乗組員たち。そこまでが前回のお話。
ディスカバリーの孤独な旅は続く。
地球から60光年。
人類は宇宙への「大進出」から地球への回帰をめざす。
見捨てられた植民星から脱出する際にエンジントラブルで航行力を失った宇宙船と出会うKARK9000。
制御コンピュータF-100ベータは恒星への落下寸前のところを救われる。
宇宙船2隻の奇妙な道行が始まる。
F-100ベータの船内には冷凍睡眠中の二人の人間がいた。
すでにメインエンジンを失ったF-100ベータの電源は急速に失われつつあった。
コンピュータ同士の友情がめばえたKARK9000は友と人間を救うことができるのか!?

久々の星野之宣ええわ~。
スポンサーサイト

テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

secret

top↑

comment

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。