121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

date :2009年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の紅天女

「ガラスの仮面」43巻発見!!

見た
買った
これから読む


果たして紫の○ラの人の正体は!?
スポンサーサイト

テーマ:マンガ
ジャンル:アニメ・コミック

寒い日の昼飯

福星軒

湯麺

酸辣湯麺がうまい!
熱い!
辛い!
酸っぱい!
タケノコと豆腐の細切りがいい
食べ終わるまで熱々でゃッ!

テーマ:ラーメン
ジャンル:グルメ

カメンライダーディケイド

佐藤寛子の生活に疲れたような風情がそそる

テーマ:仮面ライダーディケイド
ジャンル:テレビ・ラジオ

バンパク

亀戸天神
亀戸天神で“うそ替え”完了!
これで去年のいやな思い出は全てうそになるのである。
ぬこ
天神さま近所のねこ
腹見せて大喜び
ぐふふ…かわいいネコだ

テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行

最後尾

亀戸天神に'うそ替え'に来ましたよ
すごい行列
天気がいいからのんびりならびます

テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行

我ら東夷の裔なれど

池袋のジュンク堂に行くと破産しそうな気持ちになる。
心をしっかり持たないと遭難しかける。
あれもほしいこれもほしい状態になると脱出すらあやうくなるのである。
ことに近世史関係の本はいけない。
いけなくないむしろいい、だからいけない。
(好奇心の)よだれたらして動けなくなる。


逝きし世の面影

渡辺京二「逝きし世の面影」(平凡社ライブラリー)
明治時代に来日した外国人による当時の日本について書かれた文献渉猟。
しかるのちに近代日本が失ったものを活写する大著。
富国強兵と戦後の日本が経済成長と引き替えに何を失ったのかを知るにはうってつけの本であろうかと思われる。
21世紀は拝金主義よりも、心豊かに暮らすすべをさぐらねば日本人は滅ぶであろう。
文庫サイズでも600ページはでかいわ。
厚み29ミリ。
腕の鍛錬に持ち歩くも好し。


漢字の世界1漢字の世界2

白川静「漢字の世界1」「漢字の世界2」(平凡社ライブラリー)
漢字はどのようにして生まれたのか。
甲骨文字から始まる漢字の変遷。
「神話」「呪詛」「戦争」「宗教」「歌舞」などの主題ごとに漢字のもつ意味を体系的に語る。
文字によって世界の成り立ちを知る以上、文字そのものは世界を形作るマストアイテムである。
文字の成り立ちは世界の成り立ちと同義であろう。
文字をあだやおろそかにしてはいけない。
ネット世界に顕著だが、コミュニケーションは文字を介してのものである以上、文字の持つ「呪詛」の力を理解しなければ文字に人の心が害されるであろう。
知らないことを知ることは大いに喜びである。
文字を正しく知ることが人の心を豊かにするならば幸いであろう。

テーマ:本読みの記録
ジャンル:本・雑誌

なんちゃってスカウター

戦闘力


戦闘力を計ってみたよ

だめだ!
オラの力ではフリーザには勝てない!!


そこへ出てきた外黒人
なにいッ
そんなバカな~!
まさかお前が伝説のスーパー外黒人

テーマ:日記
ジャンル:アニメ・コミック

数奇なるチェコスロバキア

「英国王給仕人に乾杯!」を観た。

駅のソーセージ売りから身を起こした主人公ジーチェ(チビの意)が百万長者になることを志し、ホテルの給仕人になる。
ホテルで出会う百万長者たちの楽しみの数々。
彼は述懐する。
「私の幸運は、いつも不運とドンデン返しだった。」
娼婦の体に花をまき散らす《花の女体盛り》
高級娼館の給仕人になった時は女給仕長の体にチップを貯めた札ビラで女体盛り。
なにやら幸運な事件があるたびに職場は変わる。
プラハ最高の“ホテル・パリ”
百万長者たちが高級娼婦を招いて豪勢な料理を楽しむ宴。
裸体を観賞しつつ食欲を満たすのである。
宴果てたあとで、娼婦がジーチェを誘う。
贅を尽くした料理で女体盛り。
やがてドイツがチェコスロバキアを併合する時代に至り、ドイツ女と結婚したジーチェはいわゆる対独協力者として生きていく。
やがて戦争は終わり一攫千金を遂げたジーチェはホテルのオーナーになる。

好事魔多し。
共産主義国家となったチェコスロバキア。
あらゆる財産は人民のもの。
資産家は再教育監獄で赤化教育を受ける。
15年後、出所したジーチェは過去をふりかえる…。


テーマ:★おすすめ映画★
ジャンル:映画

あのときはあんなことになるなんて

昨夜
謎の発熱38度
仕事始めに出て昼メシ食って早退
37.5度
ノドは何ともないけど背中から下半身がダルい

テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記

見ろ!俺を見ろ!!

年賀状

今頃年賀状の画像を完成させた
はがきを出すのがめんどいのでよく見るがいい
プリント中にお届け物

くまとやまねこ
湯本香樹実/ぶん 酒井駒子/え「くまとやまねこ」河出書房新社
感動の絵本と帯に書いてあるとおり
「感動した!!」
詳細は後日読む人のために略する
簡単に言うと、ひきこもりのくまが立ち直る話
略しすぎでよくわからんが読め、読むがいい
そして書を捨てよ、町に出よう

小学館ガガガ文庫「天元突破グレンラガン」1~4巻
1,2は脚本の砂山蔵澄
3,4が中島かずき
最近「髑髏城の七人」の小説とか「大江戸ロケット」の舞台台本とか、中島かずきを読んでいるので…
劇団新感線は昔、観に行ってたので中島かずきの名は知っていたが、多才である
感心するばかりである

テーマ:本読みの記録
ジャンル:本・雑誌

新年の抱負

俺さあ将来“かんなぎ”になろうと思うンだ
(オチはありません)

テーマ:年末&お正月
ジャンル:日記

初もうで三連弾

帝釈天
天気がいいので初もうでに行く
初もうでのはしごじゃ
最初の初もうでは柴又帝釈天題経寺である
線香と厄除けストラップをいただきました
とらや
とらやで昼食
ふつーのカツ丼よかよか
キューピー
寅さん風味キューピーが俺を呼ぶ
新型の草だんごつきキューピーはだんご三兄弟のようにだんご3つがキューピーフェイスだ!
イツツバンバラ…ネタ古

湯島聖堂
湯島聖堂に行った
孔子さまにおまいり
だが俺の脳内孔子は暗黒伝バージョン
神田明神
神田明神はすごい人ですこと
平将門御札と開運熊手(一番小さいの)をいただく
天野屋へ行く
今日の目的は芝崎納豆と吉池で刺身を買うことである

熱湯をくぐらせ冷水で締めた牡蠣に片栗粉をまぶす
油をひいたフライパンで焼く
醬油大さじ2みりん大さじ1砂糖小さじ1二分の一を投入
ほどよく牡蠣に焦げ目がついたら海苔で巻いて食す

牡蠣うめ~

テーマ:年末&お正月
ジャンル:日記

きのうのかいもの

買った買った~
正月は読書三昧ぜよ

後藤田正晴
保阪正康「新編 後藤田正晴 異色官僚政治家の軌跡」(中公文庫)
後藤田さんが亡くなって二度目の正月です

夜は短し歩けよ乙女
森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」(角川文庫)
解説が羽海野チカだったのでつい…
あらゆる本が羽海野チカの解説をのせるとわたくしは本買って破産するやもしれん
中村祐介のイラストもいい

うらかたっ
みた森たつや「うらかたっ!」(実業之日本社)
知り合いの描いた本なのでつい…
「オッサンの絵が描きてえ~」とか心の叫びをあげていたなあコミケ3日目

テーマ:本読みの記録
ジャンル:本・雑誌

夜明けを待ちながら

夜明け

あけましておめでとうございます
部屋の窓から東の空が見えます
赤く染まる地平線
天空へ向けて朱色から灰色のグラデーション
じょじょに朱色が勝っていくさまが美しい
人が愚かな行いに右往左往していても
お天道様は変わらずめぐり続けるのだなあ

今年がよい年でありますように
笑顔が多くありますように

テーマ:新年のご挨拶
ジャンル:日記

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。