121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

date :2008年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シネマ歌舞伎

研辰の討たれ
「野田版研辰の討たれ」を観ました。
中村勘三郎が野田秀樹に脚本を依頼。
ふつーの歌舞伎をよく知らないのでギャグありダンスありアクションありの展開は劇団☆新感線かと思いました。
赤穂浪士討ち入り直後、近江粟津。
研ぎ師あがりの侍守山辰次(中村勘三郎)は剣術修行で恥をかかされた意趣返しに国家老平井市郎右衛門(板東三津五郎)をからくり人形(片岡亀蔵)で脅かして意趣返しを謀る。
ところが市郎右衛門は脳卒中で死亡。
「武士は脳卒中などでは死なぬ!」と言っていた市郎右衛門を研ぎ辰に惨殺されたと伴の侍たちはいつわる。
研ぎ辰は逐電。
市郎右衛門の息子九市郎(市川染五郎)、才次郎(中村勘太郎)は敵討ちの旅に出る。
二年後道後温泉で研ぎ辰は自らを敵討ちの旅にあると虚言を用いて温泉宿のヒーローになる。
そこへ平井兄弟が現れ、敵討ち見物の人々は勝手に盛り上がる。
生きのびたい一念の研ぎ辰はどうなるのか!?

本筋よりも片岡亀蔵演じるからくり人形がおかしくてたまりません。
今年の秋には山田洋次演出で「文七元結」が公開されるそうです。
シネスイッチ銀座で「野田版鼠小僧」「坂東玉三郎-鷺娘」「京鹿子二人道成寺」を2月1日から上映だ!
玉三郎様の「鷺娘」は美しいぞ!!


スポンサーサイト

テーマ:日本映画
ジャンル:映画

タモリがアナーキーだった

タモリのCD買った。
30年前に出たレコードの覆刻!
タモリのオールナイト・ニッポン聞いてた世代は必聴であります。

タモリ

「TAMORI」

タモリ2

「TAMORI2」

radical hystery tour

「RADICAL HYSTERY TOUR」
意味なし言語「ハナモゲラ」語満載!
「いいとも」以前のタモリは意味なしシュールギャグ芸人だった。
教養講座「音楽の変遷」は豊富な音楽知識を元にシャンソンからムード歌謡、ニューミュージック、さまざまな歌謡曲をパロディソングに作り替えている。
聞いた聞いた。
いかがわしい芸人だったもんなあタモリ。
「いいとも」で真昼に進出したときは「タモリでいいのか?」と思ったのも今は昔。
オレ的タモリ初体験は「11PM」のアイキャッチで画面二分割で女性ストリップとタモリのストリップが同時進行するものでしたよ。
ブリーフを脱ぐ瞬間で画面が替わりました。
未だに忘れられない。
昔、レコードが高くて買えなかった怨みをまとめ買いではらしました。

テーマ:あの人は今
ジャンル:お笑い

甲信越小さな旅

蔵

なんとなく川越。
喜多院にお参り。
境内の出店がいい感じ。
和牛(と称する)ナゾの肉を食ったり。
羅漢

五百羅漢も見ましたよ。
羅漢

いい感じで実相寺昭雄空間。
羅漢

となりの成田山も参詣。
うどん食ったり。
破魔矢とぼけ封じと身代わりお守りと護摩木もお願い。
そして蔵の町へ行く。
地図も持たないでてけとーに歩いているのでよくわからん。
大丈夫かオレ。

テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行

初猫かまったわーい

年賀状

連日「のだめカンタービレ」を見てだらだら過ごしている。
朝一で年賀状を作ったり。
筆ペンで殴り描きした原図をフォトショで加工。
「配色バイブル」を見ながら落ち着いた感じの配色を選ぶ。
午前中は新刊見本誌を発送したり銀行に行ったりプリンターの黒インクのみなくなったのでアキバまで行ったり。
叔父夫婦が寝たきりの祖母を訪ねてくるので、すき焼き用の肉を買いに「吉池」に行く。
魚の入荷はこれからと見えて生のサバなどが少ない。
ヒラメ、カンパチ、シラス、生ガキなどを買う。
冬はタコがおいしい季節です。
今宵は魚で飲みつつ「のだめ」。

テーマ:新年
ジャンル:日記

おもしろきこともなき世をおもしろく

あけましておでめとうございます

今年はいい感じに達成感のある試練が次から次へと
いや、あまりいっせいに来ると大変なことになるので
七難八苦を与えたまえ!
引き算して一苦くらいで!

テーマ:新年
ジャンル:日記

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。