041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

date :2007年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロケンロール

中島らも「ロッキンフォーエヴァー」(白夜書房)
らもさンのDVD+詩集。
ああ、中島らもの新作が読みたいです。

「小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所」
大沢在昌
石田衣良
今野敏
柴田よしき
京極夏彦
逢坂剛
東野圭吾
らによる連作短編集。

田中哲弥「やみなべの陰謀」(早川書房)読了。
おもしろ~!!
よくわからんところはすっとばして、おおむね謎が解かれてカタルシスがある!
デタラメ話とちょっと泣き。
おお!俺の弱さに俺が泣いた!
涙はこれ(メイド喫茶のポケットティッシュ)で拭いとき。
寡作の人らしいが、既刊をさがしだしたい。

ああ、読んで楽しいにちがいない本を手にするよろこび。
スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの作家
ジャンル:本・雑誌

タイガー&ドラゴンのほうがあと出し

田中啓文「ハナシがちがう! 笑酔亭梅寿謎解噺」(集英社文庫)読了。
ダジャレ作家啓文さンの落語話。
と思いきや殺人事件発生。
頭金髪トサカのヤンキー兄ちゃん竜二が二日酔い噺家・笑酔亭梅寿に強制弟子入りさせられるところから物語は始まる。
芸人たちとの明け暮れの中で起きた事件を竜二が解き明かしていく。
「師匠の梅寿が言っておりました」
「ん、竜二お前が説明しとき」
てな具合で謎解きが行われるとき隠された謎は全て明らかになり、人々は新たな人生を歩むのである。
極端なキャラクター設定と古典落語のネタを取り入れた物語が見事な融合を果たしている。
謎の提示と解決は物語の基本ですね。
ホラーとダジャレだけじゃない田中啓文。
読んで読んで。

テーマ:お気に入りの作家
ジャンル:本・雑誌

面白い本が読みたい、すごく読みたい

岩井志麻子「東京のオカヤマ人」(講談社文庫)読了。
こわいよシマ子さん。

テーマ:お気に入りの作家
ジャンル:本・雑誌

愛の往復メール

「クワトロ大尉の憂鬱」
「宇宙人、ニュータイプ、ムーンレイス以外に私は興味がない!」

「屈強な北風と太陽」
風速40米の北風!
表面温度6000度の太陽!
旅人の運命やいかに!?

「屈強な人間失格」
屈強な太宰治…睡眠薬自殺を図るが。
寝て起きた。

「屈強なアルプスの少女ハイヂ」
「クララのいくぢなし!」
その後クララを見た者はいない。


テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル:アニメ・コミック

綺羅弥的の最期

シャアの慶次第八巻

「シャアの慶次」第八巻の表紙ができました。
これからアスランとかニコルとか皆殺しにせな。

テーマ:機動戦士ガンダムSEED DESTINY
ジャンル:アニメ・コミック

愛の往復書簡つーかメール

ケータイを新調したので、メールのメモリからアホネタを書いとく。
金津鬼CG師匠(コミケで出会った好青年)とわたくしのネタ出しの一部である。
金「花の都に」
花の都に男子あり
六十ににしてはや脳朽ちたり
すでにして鼻ふさがる(栄養チューブとかで)
なんぞお迎えを待たん
(寮歌かい!)
「ランバ・ラル特攻!」
「オヤジ!まずは美味い水をくれ」
「もうあんたに飲ませる水は無いね」プイッ
(北斗の拳のジャッカルネタかい!)
「夕食に立ち寄ったジョナサンで、隣の隣に座ってた人が何かをぶつぶつ言ったり突然笑い出したり顔をしかめたり鏡越しに目が合ったりしました。
おかげで野菜ジュースを一杯しか飲めませんでした」
(これはネタじゃねえ!)

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル:アニメ・コミック

マイルスを聴け!俺

松栄亭

昼メシは松栄亭
串カツ

串カツを頼むのは初めてです。
オムライス

ここのオムライスはライスにうっすい卵がからみついている!
しろとさんにはマネは不可能、まさに匠の技。
そして匠の技を喰らう。

「時代屋」で本を買う。
司馬遼太郎・小田実「天下大乱を生きる」(河出文庫)
平田弘史「御用金」(マガジン・ファイブ発行)

その後、石丸電器JAZZ館へ。

WALKIN

MILES DAVIS ALL STARS[WALKIN]

テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽

これでいいのだ!

バカボン

武居俊樹「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」(文春文庫)
著者は「おそ松くん」「もーれつア太郎」「レッツラゴン」の時代、赤塚担当を勤めた。
少年サンデーの伝説的編集者、赤塚不二夫の作品中でバカ武居と呼ばれた男による赤塚伝。
赤塚不二夫の名作誕生のネタ出しに立ち会った人による当時の秘話満載。
「天才バカボン」がマガジンからサンデーに移籍したあげく、またマガジンにもどった話とか、当時のマガジンの赤塚担当バカラシこと五十嵐隆夫は後のマガジン編集長だわ。
武居はサンデーから「少女コミック」に異動のあげく「ちゃお」編集長になるわ。
吉田秋生「バナナフィッシュ」のころの編集長か!
ありとあらゆる裏話が。
赤塚不二夫に出会った人すべてにおすすめします!

http://www.koredeiinoda.net/bakabon.html

テーマ:マンガ
ジャンル:アニメ・コミック

ごぶさたであります

忙しくてほったらかし。
仕事中に捨てカットに撮った写真でもごらんくだされ。

花

今年は上野の花を見に行かなかった。
花


花


花

テーマ:日記
ジャンル:日記

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。