121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

date :2007年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後のまぼろし

放課後の国


西炯子「放課後の国」(小学館)
西センセ、キャラ立てるのうまいなあ。
シチュエーション重視よりキャラが面白いほうが楽しい。
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・漫画
ジャンル:アニメ・コミック

今月買いすぎなり

coleman1

http://www.hmv.co.jp/product/detail/187787
ORNETTE COLEMAN[THE ORNETTE COLEMAN TRIO AT THE“GOLDEN CIRCLE”STOCKHOLM]VOLUME ONE
オーネット・コールマンの「ロンリー・ウーマン」を聴きたいと思ったのですが、ジャケがなんかいいので…。

coleman2

http://www.hmv.co.jp/product/detail/187796
そしてVOLUME TWO

DUKE &

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1477427
[DUKE ELLINGTON & JOHN COLTRANE]
デュークとジョンの合体技だ~ダダッダ~~。

テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽

ぎゃぼ~

ここんとこデスノートに書き込むのに忙しい…
ゲフゲフン
デスノートを読むのに忙しいので日記をサボっていましたよ。

なんか漫画の話ばかりの日記でたまには天下国家のゆくすえを憂いたりしないものかとは、ちっとも思いません。
自分の身の丈の範囲でも怪傑いや解決のつかないことばかりで我が身の至らなさの愚痴などつまらないことであります。
明日は休みです。
そうです毎日毎日ぼくらは焼けた鉄板の上で死ぬまで拳王侵攻隊に踊らされる村人のように労働に追い立てられ、たまの休みは戦隊とライダーとプリキュアと題名のない音楽会とマイメロディと一週間の間にたまった録画ビデオの観賞に費やされ、夕方には笑点を観て風呂に入り晩飯を食うと大河ドラマをなんとなく観て寝るのです。
ああ今夜は昏倒するまでデスノートを読んでやろう!
エルが死んだあと、ライトがどうなるのかドキドキでございます。
ちょっと最終巻を見てみたら「死にたくない恥をかかせおって」とかほざいていた。
なんかだいなしな気分。
しかしみずから招いた不幸ゆえ人を呪わば穴ふたつなのであります。
いやーんバカーンだめよそこは。
なんと脈絡のない。
でも連想で書いていくのがちょっと新鮮なのでこの文体でしばらく日記を書こうかと思います。

テーマ:マンガ
ジャンル:アニメ・コミック

呼吸するように読書

今日の古本屋めぐり。
油井正一「ジャズCDベスト・セレクション」(新潮文庫)
油井さんの本は「ブルーノートJAZZストーリー」が面白かったので。
しかし紹介されているアルバムの数にめまいがする。
しかしJAZZ者として生きる決意をしたからには、この腐敗と自由と暴力のまただなか、よどんだ街角でぼくらは出会った。
しかしKeep You Burning駆け抜けて悲しみは絶望じゃなくて明日のマニフェスト。

大槻ケンヂ「リンダリンダラバーソール」(新潮文庫)
ケンヂくんのバンド事始め。
80年代バンドブームのただなか筋肉少女帯デビューからブームの終わりまでを語る。
筋少は貸しレコード屋に「高木ブー伝説」のジャケット(上条淳士画)を見て以来知っていたが。
当時「イカすバンド天国」は毎週見ていた。
後番「エビ天」も見ていた。
なつかしいが目をそむけたいような気もする若い日々の思い出である。

森まゆみ「明治快女伝 わたしはわたしよ」(文春文庫)
近世の女性の伝記集。
表紙の岡本かの子(爆発岡本太郎の母)がなんかすごい迫力。

北尾トロ「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」(文春文庫)
裁判傍聴で見たホンモノの犯罪者たち。
ドラマでは逮捕で終わるが、その先はもっと大変な観じ。
面白い。

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

漫画ばかり読んでいるとバカになる

ここんとこ漫画一気買い人生。
「皇国の守護者」…サーベルタイガーがいい!
「パンプキンシザーズ」…うそ欧州大戦世界の戦車がいい!
「D-Gray man」…いい話じゃん。
「デスノート」も一気読みしたくなってきた。
明日買いに行こう。

文章の本。
三浦佑之「金印偽造事件「漢委奴國王」のまぼろし」(幻灯舎新社)
卑弥呼に送られた金印の謎。

重村智計「朝鮮半島「核」外交 北朝鮮の戦術と経済力」(講談社現代新書)
古代と現代についても学びましょう。

テーマ:マンガ
ジャンル:アニメ・コミック

キラー通りにある店

http://www.japonica.co.jp/lilliput/
リリパット

玉三郎を観たあと、外苑前に移動。
西洋豆本の店「リリパット」へ!
活版印刷の歴史は13世紀グーテンベルグの聖書印刷にさかのぼる。
口伝であった聖書を誰でもどこでも読むことができるようにするために印刷技術が生まれた。
そして分厚い聖書を小型化して遠距離への輸送を容易ならしめるために書物の小型化が図られた。
西洋では書物を持つ趣味は貴族にのみゆるされたぜいたくな趣味であり、旅行に持ち歩くのに便利な豆本が作られたそうであります。
虫眼鏡がないと読めない本は本として間違っているような気がします。
でも技術は極めると「手段のために目的を選ばない」ものですから。
1ミリ角の本に印刷された文章は顕微鏡でも無いと読めません。
なんかギネスブックにのった85冊だけ作られたうちの1冊だそうで。
「屈強なちびくろさんぼ」とかとは、レベルが別次元としかいいようがありません。
本は読めればいいんじゃあ!
とか思ってるわたくしには「猫に小判」状態なお店です。
ほとんど骨董品だし。

テーマ:書店
ジャンル:本・雑誌

玉三郎萌え

娘道成寺

http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/dojoji/index.html
シネマ歌舞伎「京鹿子娘二人道成寺」を観る。
かっこいいな玉三郎。
尾上菊之助もエロいのう。
以前シネマ歌舞伎の「鷺娘」を観たときに「京鹿子娘道成寺」のDVDを買ったので少し内容は知っていた。
修行僧安珍を追ってきた清姫が大蛇と変じ、安珍のかくれた鐘を燃やしてしまう伝説の後日談が能「道成寺」。
その能を歌舞伎舞踊にしたものが「京鹿子娘道成寺」。
清姫によって燃やされた鐘が再建された道成寺。
そこに現れた白拍子が妖しく能を舞い踊る。
実は白拍子は清姫の怨霊であった。
愛しい安珍とおのれをへだてた鐘への怨念であった。
坊主勝つか清姫の怨念が勝つか女の妄執が再び道成寺を灰燼と化すのであろうか…

「娘道成寺」は宝暦三年(1753)初演。
「京鹿子娘二人道成寺」は通常一人の舞踊を二人で舞うものです。

前のシネマ歌舞伎で観た「日高川入相花王」では清姫が大蛇に変じるくだりが演じられていた。
わたくし的には「屈強な娘道成寺」を描きたい野望があるのでしっかり観ないとアカンと思ったのですが外は寒いし、東劇はあったかいので、気持ちよく寝たり起きたりしながら観てました。

テーマ:日本映画
ジャンル:映画

外黒人のちから

http://www.sonypictures.jp/movies/thepursuitofhappyness/index.html
「幸せのちから」の試写に行く。
「インディペンデンス・デイ」で宇宙人を素手でなぐったウィル・スミス主演の映画。
幼い子供をかかえたウィル・スミスが定職に就くまでに、一文無し状態をいかに過ごしたかを描いたお話。
実話に基づいた物語ゆえ主人公はホームレス状態から抜け出すとわかってはいる。
だが、家賃を滞納したアパートは追い出される。
妻は出て行く。
安ホテルに移るが証券会社の研修中は収入が無い。
ついに手持ちのマネーは21ドルに追いつめられる。
地下鉄のトイレに一晩籠城。
ホームレスの援助施設に泊まる。
親子の関係に焦点をあてているので、見逃しがちだがウィルのサクセスストーリーとしては安心なのだが、主人公はホームレス人生から抜け出した後もホームレスとして生きる人々がいるのであろうな。
才能も運もつかめない人生は、いかんともしがたいと思う。

テーマ:☆試写会☆
ジャンル:映画

nariyamanai

dis is da drum

HERBIE HANCOCK[DIS IS DA DRUM]
ハービー・ハンコックの1994年発表作品。
よくわからんが、なんかカッコいい。

http://www.kawachi.zaq.ne.jp/overclocker/BestCD.htm

LOVE SUPREME

John Coltrane[A Love Supreme]
コルトレーンの「至上の愛」
だいぶ前に7枚組のCDを買ったのに、腐海に呑まれて出てこない。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1954449

bags groove

MILES DAVIS[BAGS GROOVE]
http://www.hmv.co.jp/product/detail/320380

テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽

くつろぎのひととき

神保町に行く。
坂田靖子を捜しに。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~ysakata/index.htm
「マーガレットとご主人の底抜け珍道中・旅情篇」(早川書房)
前篇を発見!
マーガレット奥さんの世界中どこでも行きたい、なんでも変わったもの好きには感心する。
開高健の云うところの、「イギリスの貴族が、立派な城でポートワインでも飲んで安楽な暮らしをしていればいいのに、好んで世界の果てまで探検に行こうとする」
ここではないどこかにある何か未知なるものを求める意思は見習いたい。
こんな奥さんがいたら楽しそうだねえ。
どちらかと云うとわたくしが野次馬根性の持ち主だが。
「バスカビルの魔物」(早川書房)
「天花粉」「ビースト テイル」「カヤンとクシ」「塔にふる雪」「芋の葉に聴いた咄 珍聞異聞①」「磯の貝に聴いた咄 珍聞異聞②」「伊平次とわらわ①」「伊平次とわらわ②」(潮漫画文庫)


まつや

どっさり坂田靖子をかかえて“まつや”で一休み。
酒肴

“鳥わさ”で一杯。
鳥わさ

鳥のささみをわさびしょう油で和えて白髪ねぎと刻みのりをかけたものである!
さらにそば味噌をつまみつつ熱燗をいただく。
まさに(なんとも云えない…)味なのである。

ざるそば

テーマ:JAZZ
ジャンル:音楽

今日は快晴

松も取れたことなので、テンプレートを「蝶」サイコーな感じに変えてみました。

テーマ:テンプレート
ジャンル:ブログ

強風世界

仕事のあと、学芸大学から中目黒まで歩く。
道々の古本屋をのぞいていく。
正月中喰っちゃ寝であったゆえ、体が歩きたがるのである。


あたた書店

うぬう端倪すべからざる店発見。

坂田靖子「マーガレットとご主人の底抜け珍道中・望郷篇」(早川書房)
あ~面白い!
久々に坂田靖子を読むと幸せな気持ちになります。
いかん!巻末にのってる既刊全部ほしくなってきた!!

内田百「東京焼盡」(中央公論社)
「阿房列車」の百先生ですが、戦時中の日記のたぐいが最近気になるので、買い求めました。
昭和十九年十一月十一日、帝都東京に最初の空襲警報が出た日から日記は始まり、昭和二十年八月二十日に終わる。
永井荷風の「断腸亭日乗」もどっかに埋もれている。
早く読もうね。

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

沈む世界

しどい雨。
寒い。
このまま雨が降り続けたら世界は静かに滅びるのであろうか。
J・G・バラードのように。
風呂入って酒呑んで寝ます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/J・G・バラード
こんな火に仕事だからやんなっちゃいます。
雨の日にでかけたくなくなるのはケダモノ時代、雨の日はエモノがないし、寒いから体力を消耗しないようにじっとして隠れてた名残であろう。

オノ・ナツメ「not simple」(小学館)買って帰る。

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記

初吉池

http://www.moranbong.co.jp/products/fish.html
今年最初の「吉池」。
ゴマサバのいいのがありました。
「ぶり照り焼きのたれ」。
美味いんか?
ぶり切り身とともに買う。
はまち少々。

テーマ:ばんごはん
ジャンル:グルメ

さあ食べてみてよッ俺

オムライス

昼はオムライスを作った。
暮れに買った水炊き用の鶏肉が残っている。
タマネギのみじんと肉を炒める!
ほどほどに火が通ったらケチャップ投入。
ケチャップの水分を軽く飛ばす。
そして飯投入。
日本酒でほぐす。
そしてあおるあおるあおる。
問題は卵である。
「ヨシカミ」で何度もオムライス製作を見たとは云え、チキンライスに卵を巻いていく技術は素人には極めてむずかしいのである。
そこでわたくしは考えた。
クレープみたいにたためばいいじゃん!
かくして卵焼きにチキンライスをのせたら、折りたたむだけでオムライス完成。
腹に入れば一緒!
卵に牛乳を加えたのが俺好み。

テーマ:作ってみた
ジャンル:グルメ

今日の料理

今夜のおかずはカモ鍋じゃあ!
最後にそばを入れてみた。
うまかった。

テーマ:我が家の晩御飯
ジャンル:グルメ

書き初めは二日に行うもの

あけましておめでとうございます

朝っぱらから「謹賀新年」を書いていた。

謹賀新年

おお初日の出が見える。

謹賀新年

サイトのトップに載せる文字は自筆にしたいなどと新年早々思いついたばかりに。

謹賀新年

なかなかカッコイイ文字が書けません。
キチンと楷書が書けてこそ“くずし”を書けると云うものです。


謹賀新年

数えてみたら17回も書いておりました。
なんかものすごく眠いのでまた寝ます。
あ~「大笑点」見ないと。

テーマ:ホームページ
ジャンル:コンピュータ

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。