071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

date :2006年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺オデッセイ

神保町に行く。
「サルまん」求めて三軒め。
なんか下巻しか見つからない…。
上下一緒に買ってけ!
お店に迷惑だよ!
つーか俺が迷惑。
相原コージ・竹熊健太郎「サルでも描ける漫画教室」21世紀新装版
描きおろし部分の萌え漫画とライトノベル解説が秀逸。
スポンサーサイト

テーマ:マンガ
ジャンル:アニメ・コミック

積ん読生活

今日の買い物リスト。
古今亭志ん朝・齋藤明「志ん朝のあまから暦」(河出文庫)
落語関係の本は黙って買いだ!
落語の語りはさりげなく江戸暮らしの教養が語られるのである。
志ん朝のCDも聞きたい。
http://www.rakugo.or.jp/shin2.htm

河合隼雄「ナバホへの旅 たましいの風景」(朝日文庫)
河合先生も基本的に買い!

宮本照夫「ヤクザが恐喝りにやってきた」(朝日文庫)
趣味に耽溺するのは大変幸せなれど、世間の暗黒面も知っておこうと思う。
男子、家を出ればどこからキチガイが襲ってくるかわからないのである。
悪を知らないものは、悪に弱いし。

池田あきこ「英国とアイルランドの田舎へ行こう」
「12の月の物語」(中公文庫)
実は「わちふぃーるど」好き。
http://www.wachi.co.jp/
恥をかかせおって。

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

三週連続有明行ってます

コミティアに行きまんた。
ジュエリーファンタジー

水野英子の新刊!
「月光石-ジュエリーファンタジー-」
これが目当てである!!
サイン会も参加しましたとも。
なんかまわりは、おじいちゃんとおばちゃんの群れでありました。
以前弥生美術館の時もそうだったが…リアルタイムで「マーガレット」とか「少女クラブ」読んでた世代って五十歳代から六十歳代だわなあ。
わたくしは、小学生のとき「女性自身」にのってた「虹」を読んだのが、水野英子初体験だた。
「虹」はね、え~とホモとかホモとか近親相姦とか近親相ホモ姦とか幼女におなにーを教えたりとか、「キチガイだみんなキチガイだ」とか叫ぶ司教とか。
後年「週刊マーガレット」を相姦いや創刊号から読むに至って、水野英子を再発見。
かわいい少女マンガの水野英子を古本屋でかき集めた。
このたびの「月光石」は、今は亡き「プチフラワー」に二回ほど読み切りが掲載されたものに書きおろしを加えたもの。
なんでも編集長が定年退職でいなくなったので打ち切られたそうです。
ちなみに「ハニーハニーのすてきな冒険」も出ていたので心ある者は手に入れるべし。

テーマ:同人
ジャンル:アニメ・コミック

寿司でも食い行くか!

神坂次郎「男 この言葉」(新潮文庫)購入。
タイトルで買いまんた。
《挙措やわらかく、事においては剛毅》
十八世紀イギリスの政治家チェスターフィールド伯爵が息子に送った言葉だそうです。
先人の残した箴言集。
ひとつ誤れば国が滅びる戦国期の武将の言葉がほとんど。
近世は渋沢栄一、安田善次郎まで。

佐川芳枝「寿司屋のかみさんおいしい話」(講談社文庫)購入。
あ~寿司喰いてえ。

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

藤沢和尚の憂鬱

東村アキコ「ひまわりっ-健一レジェンド-」2巻(モーニングKC)購入。
カバーをはずすと「健一レジェンド」がでっかくなってる…。
オフィシャルファンブック「涼宮ハルヒの公式」(角川書店)購入してしまた。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ
ジャンル:アニメ・コミック

アホ読書

司馬遼太郎「戦争と国土」読了。
開高健「輝ける闇」を読むことにする。

「STUDIO VOICE」VOL.369第一特集現在進行形コミック・ガイド
表紙がクラウザーさんなのでつい…。
そして心のバランスをとりもどそうとして、
「流行通信」VOL.518を買ったりして。
表紙の色合いが青を基調にして、涼しげ。
ファッション誌を買うときは、内容ではなくカラーコンポジションが自分好みかどうかで選ぶ。
新刊の表紙のレイアウトを決めるときに参考にするよ「流行通信」。
色を塗っているうちに似ても似つかないものになってしまうのは大宇宙の謎である。

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

今日のニュース

木尾士目「げんしけん」8巻。
スリリングなり。
前巻の停滞した物語が一気に動き出した感。

ハグキ「ハトのおよめさん」5巻。
いつもに増してキレてます。
こーゆーデタラメなマンガがないとね。

小原慎司「二十面相の娘」7巻。
そろそろ終わりが近い…のかなあ。

テーマ:マンガ
ジャンル:アニメ・コミック

つばめとの遭遇

「ワンダーフェスティバル」に行く。
人がいっぱい。
でもコミケほど血迷ってないので、ゆったり見物。
遠来のよしだまきさンらにハチクロカフェで仕入れたパイシューを差し入れ。
延長に延長を重ねてきたハチクロカフェはこの夏でなくなる(のか?)。
ローマイヤのポークジャーキー…ちょっとほしかった。
DEXは夏物衣料が70%offだ!
Tシャツを3枚購入。
ワンフェス以外で買い物してるわたくし。

P38ライトニングのスケールモデルをさがしたものの見いだし得ず。
品川の「つばめグリル」へ。

http://www.tsubame-grill.co.jp/store/index.html
「つばめ風ハンブルグステーキ」美味なり。
ドイツ料理と云えば「ニシンのリンゴ酢漬け」である。
ああビールにあう。

テーマ:趣味と日記
ジャンル:趣味・実用

ふたたび茅ヶ崎

さいとう

「さいとう」のロースカツ定食を食す!
やた!喰ったぞ喰ったぞ!!
美味なり。
コロモ厚く肉厚く火は充分に通り外カリカリ。
おしんこうめ~。
燗酒うま!
高清水の純米。
まんぞくまんぞく。

テーマ:おいしい店紹介
ジャンル:グルメ

雲のかなたに

「サン=テグジュペリ 伝説の愛」アラン・ヴィルコンドレ著/鳥取絹子訳(岩波書店刊)
写真が多いのでつい買ってしまた。
なんか「星の王子さま」よりサンテックマニアになってしまうぞ俺。

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

明日のカブト

「仮面ライダーカブトGOD SPEED LOVE」を観た。
テレビ版と異なり、渋谷隕石より巨大な隕石落下の結果、海水が干上がった世界…。
人間に擬態、社会に浸透し人類を捕食する“ワーム”。
人類を守る組織として作られた〈ゼクト〉は、武力を背景に世界に覇権を唱える。
〈ゼクト〉の覇権主義に対抗する〈ネオゼクト〉がテロ活動を行う。
与党に対する野党と云うより、権力のトップを入れ替えるのが目的に過ぎないのか…?
そしてそれらの戦力バランスは、〈ゼクト〉の開発した〈マスクドライダー・システム〉によって保たれている。

みたいな話ですが、予算があまりないので世界感に奥行きがないのは目をつぶりましょう。
銅の仮面ライダーケタロスは、虎牙光輝…「魁!クロマティ高校」の林田くんじゃないか~~。
金の仮面ライダーコーカサスは、K1ファイター武蔵!!
棒読みセリフで「この青いバラが散るとき、あなたの命も散るのです」みたいなことを話すとコワイ。
変身しないほうが強そうだ。

つづきにはネタバレがあるので、まじめに映画を観に行く人は見ないように。

テーマ:仮面ライダーカブト
ジャンル:テレビ・ラジオ

宮崎駿表紙のサン=テグジュペリ

コミケの申込書を書いたり、振り込みにいったり。
振り込みついでに買い物。

カムイ伝全集第二部
4巻「無宿溜の巻」
5巻「野望の巻・上」
6巻「野望の巻・下」
7巻「佐倉十一万石の巻」
司馬遼太郎「戦争と国土」司馬遼太郎対話選集6(文春文庫)

サン=テグジュペリ・作/内藤濯・訳「星の王子さま」(岩波書店)
サン=テグジュペリ・作/堀口大學・訳「人間の土地」(新潮文庫)

「星の王子さま」ネタを蓄積中…「夜間飛行」と「南方郵便機」は部屋のどこかに埋もれている。
P38のプラモデルがほしい。

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

おだやかな終幕

コミケ終了。
三日目は委託ブースの手伝いと西へ東へと歩き回る。
「シャアの慶次」よりも「屈強な人魚姫」が受けるのが楽しい。
次回は「屈強な星の王子さま」だ!!

「吉池」5階「池田屋」へ行く。
寿司がうまい。
酒もよい。
「久保田」万寿
「〆張鶴」吟選…ああたまらぬ。
「吉池」に置いてある魚と酒がそろっているゆえ、美味いものしかない!
あ~もう「吉池」があればいいや俺。

テーマ:夏コミ!!
ジャンル:アニメ・コミック

青木日記

「夏の恋人たちがにくい!!」(若…て誰のことよ)
「その通りでござりまする」(爺。声・永井一郎)
「夏の海もにくい、にくい、にくい!!」
「思へば二十数年前の夏のこと」
「何があったのでござりまするかな、若」(声・永井一郎)
「ほてる佐渡魔蔵でのバイトの折、僕は鬼のよーな管理人に酷使された」
「どーゆーバイトでありましたのかな」(声・永井一郎)
「金山の底でいつ果てるともなく水を汲み上げ続けるのだ!!!」
「時代錯誤のよーな気が。て言いますか、何で『若』と呼ばれるよーな
 お方がバイトなどをなされるので」(声・永井一郎)

…なンか脈絡のないままに次回へ。

テーマ:夏休み
ジャンル:日記

明日コミケが終わるとしても君はコピー本を作る

開高健の家を見に行く。

表札

茅ヶ崎は不案内ゆえ道に迷う。
さまよったあげく古びた旅館にたどり着く。


茅ヶ崎館

おおお、「ハチクロ」映画で森田さんがしょう油で絵を描いた旅館だ~~~!!


茅ヶ崎館2

テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行

さわやかなめざめ

朝、部屋の一角に異様な臭気がたれこめている。
どこかでかいだ記憶のあるこの臭気は…
コミケ男性向けの臭気か!

テーマ:コミケ
ジャンル:アニメ・コミック

ほんとうに熱い夏

コミケはすごい人だった!
昨年冬の閑散が夢のようでございました。
わたくしのサークルに、なんか行列ができていたらしいのですが、「屈強なぐりとぐら」の製本作業をやるそばから買われてしまうので、ず~~~っと1時間くらい下向いて製本していたんじゃあ!!
ともあれ盛況は、おいでくださった皆様のおかげなんじゃあ!!
ありがたいことなんじゃあ!!

青木せンせいは「持病のシャクが…」とか言って2時ごろ帰った。
昔からコミケの次の日に肺炎になる子じゃったわい。
つーか明日は茅ヶ崎にある「開高健記念館」に行くので死んでも黄泉帰るように!

テーマ:夏コミ!!
ジャンル:アニメ・コミック

うなぎが出てきた日

前川」でうなぎを喰う。
暮れ行く大川を見下ろしながら一献。
帰宅後、ディスプレイ用の「アクシズとクローバー」ポスターを作る。
拡大した表紙のプリントアウトをつなぎ合わせるだけなのだが、けっこう手間がかかる。
この次はキンコーズで出力しよう。
「屈強な人魚姫」の製本が完了するまで誰も寝てはならぬ。
「ハチクロⅡ」を見て寝る。

テーマ:グルメ情報!!
ジャンル:グルメ

でかけるときは忘れずに

コミケ用の荷造りが停頓。
でかいポスターを作りたいと思ったが2メートル長の棒を手に入れなくてはならない。
「屈強な人魚姫」をコピーしなければいけない。
製本が大変。
10日まで仕事だし、11日は朝はやいし。
コピー本めんどくさいな~。
やめちゃおうかな~。

新刊は「シャアの慶次第六巻」36P500円
既刊は「シャアの慶次第五巻」52P700円
「シャアの慶次完全版第壱巻」84P800円
屈強シリーズは、わたくしがくじけると出ません。

テーマ:同人
ジャンル:アニメ・コミック

タイ料理喰いたい

きのう天野屋に納豆を買いに行ったとき、なんかデモが秋葉原方面から坂を登ってきた。
「フリーターに有給休暇を与えろ~」
なんかヒマそうな若者集団のデモ行進がポリスの先導でやってくる。
フリーターの人の権利主張のデモであった。
デモするヒマがあったら働けば?
「フリーターの不当解雇をやめろ~」
正社員になればええんちゃうの?

侍たるもの首級をあげてこそ、扶持米をいただけるというもの。
フリーターと申せば、一介の足軽に過ぎない。
戦が終わればお払い箱となるのは当然であろう。
陣借りして首をとり、恩賞にあずかり、武勇衆に聞こえれば旗本勤めがゆるされるものであろう。
気温30度の午後であった。

テーマ:日々のつれづれ
ジャンル:日記

100度のサウナに着衣で入ってはいけない

アジを買った。
“なめろう”にして喰った。
美味でありました。

あ~~~狂ったように暑かった。
体温並みの温度であった。

佐藤忠男「みんなの寅さん」読了。
小泉武夫「くさいはうまい」読了。

テーマ:ばんごはん
ジャンル:グルメ

さよならは別れの言葉ぢゃなくて

「ハチクロ」映画を観た。
マンガが実写になった際生ずる違和感が無い!
恐ろしいくらいに無いのだ!
役者のみなさんはマンガの国の国民なのか!?

ストーリーはすでに知っているので、安心して細部の観察に専念。
うむ!真山が原作よりアブナイ人になっている。
マンガならOKでも、実写だと単なるストーカーだ。
森田さんはマンガよりわかりやすい天才っぷり。
もとキャシャーンなだけある。
蒼井優のはぐちゃんはいいね!
ちゃんとはぐちゃんに見えるからすごい演出力だ!
きっと蒼井優周辺のセットは大きく作ってあるに違いない。
「モスラ」の小美人のように。
「鉄人28号」の蒼井優がクサレ芝居だったのは忘れてやろう。

しかし忘れてはならないのは、中村獅童の

テーマ:ハチミツとクローバー
ジャンル:映画

古本をさがせ!

司馬遼太郎対話選集5「日本文明のかたち」読了。
ドナルド・キーンとの対談は、含蓄に富む。
山本七平との対談は、剣客の果たし合いの様相。

今日のエモノ。
開高健「ああ好食大論争」(潮文庫昭和60年刊)
誰と対談していても、「食」の話が「色」につながる。
困ったオッサンだこと。
地理的に秘境がなくなった現代において、未知の味覚と出会うことは「新たな秘境」との出会いに等しい。
人生は短く、味の世界は広いのである。

池島信平「歴史好き」(中公文庫昭和58年刊)
文藝春秋編集長信平さんのエッセイ。
経歴を見ると、横須賀海兵団でわたくしの祖父と一緒に終戦を迎えたらしい。
祖父は「シンペイシンペイ」と呼んでいたとか。

半藤一利編「夏目漱石青春の旅」(文春文庫1994年刊)
夏目漱石の足跡をたどるビジュアル文庫。
文藝春秋元編集長半藤さんの編集と夏目房之介、関川夏央、立松和平らによる若き漱石の時代の解説。

今日みつけた古本屋は、開高健のハードカバーが多数あったので、大変苦しんだあげく、文庫のみ買ったのである。
まだハードカバーで開高健を集める覚悟ができたいないゆえ。
さしあたって「オーパ!」は大きい版型のを探している。

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。