041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

category :映画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞬間、男重ねて

シンジが朽ち果てたネルフ本部に入ると、数十人の綾波が全裸で安産体操をしていた。
「とととと父さんここここれは!?」
「シンジ十三号機に乗れ、乗らないなら帰れ」
シンジはもじもじしながら綾波ズの体操を見るのだた。
「念彼観音力力走!」
エヴァンゲリヲン初号機ひきいる全裸チルドレンズ(?)が綾波ズを強姦する!!
怒りの碇司令。
プログレッシブ日本刀を引き抜き襲いかかる。
「おのれッエヴァンゲリヲン初号機ッ覚悟」
しかし初号機の金剛力に押し倒される。
「貴様のような奴は女の穴同然だ食らえッ」
ドオッ!
「がふのへやぁーッ!」
そのころのシンジがどさくさまぎれに綾波を犯そうとしたがシンジのケツを虎視眈々と狙うカヲルくンに槍を挿されたのは言うまでもない。
つづく
スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画
ジャンル:映画

女犯ゲリヲン・新激情版Q

ミサト艦長が言った。
「この艦はエバ初号機を動力にしています」
怪しい機関室。
「そうらしごけしごけ!この程度で漏らす奴は適格者ではなーい」
永遠の14歳たちのせんずり修行動力だた。
「あかん立たへん…」
「どうじゃなこれで…」
「ああッ初号機ッお願いや後生やから」

シンジ足ズッコケ。
「トウジ、ケンスケ…」
「碇シンジくん何もしないか、機関室か選べ」
つづく

テーマ:最近見た映画
ジャンル:映画

エヴァんゲリヲンQ

シンジとカヲルの南の島編だた。(うそ)
ペンペン対メカペンペン!
綾波シスター(?)ズの暴走。
白い月と呼応するかのように浮かび上がる日本列島!!

竜王戦を戦うシンジと冬月副司令。
「まった。その王手まってくれ碇シンジくン」
「まったはしない約束ですよ副司令…王手飛車取り」
「全く恥をかかせおって」
こんなこともあろうかとシンジは「3月のライオン」を読んでいたのだた。

「さあシンジくン、風邪をひいた時は焼いた下仁田ネギを肛門にエントリーだよ」
「やめてカヲルくン、そこはあッ」
それをカメラにおさめる謎の女真希波・マリ・イラストリアス。
口ずさむのは愛の歌なのか。
「風斬る~鉄拳♪ファイトファイトファイト!地獄の悪魔よ~受けてみろ~♪」
「さあシンジくン力を抜いて」
「抜いてようカヲルくン…」
「ダンダンダンダンディンダダン!バンバンバンバンズンババン!ダン!ダン!トウリャー!!」
ぬぷよ

いったい庵野監督は何を考えているのでしょう。

テーマ:最近見た映画
ジャンル:映画

おおかみこどもの雨と雪

おまいら避妊しろ。



大学生が同棲妊娠休学中退。
あげく二人め。
男死亡。
よくできてるけど釈然としない。

テーマ:最近見た映画
ジャンル:映画

太陽圏の死闘

ワープ!波動砲!反射衛星砲!
たまらん!!
コスモファルコン発進シークエンスたまらん。
コスモゼロのカタパルト回るぞ!たまらん。
波動カートリッジを彷彿とさせる三式弾は実弾だからガミラス装甲には有効だ!たまらん。
反射衛星砲もちゃんと意味ある使い方しとる~ッ!
次回、シュルツの逆襲とドメル登場か!?

テーマ:最近見た映画
ジャンル:映画

遙かなる旅立ち

ヤマトを観た。
限定ブルーレイはクソ高いからいらん。
ヤマトを観て育ったクリエーターがダメ出ししたニューヤマト。
キャラが「地球へ…」みたいだが、今後の芝居に関わる個々人の家族関係の作り込みがいい感じ。
旧作が描かなかった部分をていねいに拾っていて設定に奥行きが感じられていい。
新キャラがおにゃのこばかりだが男のロマンを邪魔しない程度に活躍していただきたい。
でもロマン抑えめで理詰めな部分もきちんとするだろうと期待する。
何よりもこんな無茶なリメイクをなしとげつつあるスタッフには拍手を送りたい。
無事にイスカンダルまでの旅を成し遂げんことを祈る。
西崎Pが口出しできないところに行ったので、いい意味でやりたい放題。
とは言え押さえるべき点は押さえて、新解釈によるヤマトである。
ラストシーンに「人類の滅亡まであと、365日」がないのだけ不満。


再放送のたびにマゼラニックストリームの回だけなぜか見逃していたのだが、漫画版に出てきたキャプテンハーロックの登場をせつに願う。
松本じいさんには黙っていてほしいがハーロックの名前を使わせてくれるかなあ。
デスシャドウっぽい宇宙船も出るといいんだがなあ。

旧作のころ(1970年代)未来の世界観を絵で表現できるのは手塚治虫が真鍋博か…岡本太郎くらいだったであろう。
手塚治虫は虫プロ倒産後の混乱のさなか。真鍋博はアーティスティックに過ぎる。岡本太郎もイメージはともかく、わかりやすくはない。戦前から未来兵器などを描いていた小松崎茂はレトロフューチャーで古くさい。
「男おいどん」後、少年マガジンに「ワダチ」で四畳半と未来イメージを融合させた松本零士は新しかった!
1ページまるごと松本メーターとか見開きで松本メーターとか当時のマガジンはよくゆるしたなあ。
旧作の制作経緯を見ると松本零士は物語の骨子ができあがった最後にビジュアルイメージを決定する立場に入ったようだ。
本来ヤマトの“作者”と言うよりはキャラクターデザインとトータルデザインの方向を決める役割だったと思える。
松本零士の思いつきをきちんと芝居にしていったのが先日物故された石黒昇氏だったのであろうか。

ヤマトは西崎Pの作品だったのは間違いないだろう。
内容が陳腐化していったのは男のロマンにこだわる西崎Pが自説を押し通した結果だろうし。
ともあれ今年は二ヶ月ごとにヤマトを観に劇場に足を運ばなければならない。
忙しい一年になりそうだ。
ヤマトの新作を観るためにしばらく死なないでおこう。(太宰治のようなことを)

テーマ:★おすすめ映画★
ジャンル:映画

まだヤマトがある

宇宙戦艦ヤマト2199を観に行こうと思ったら。
線路内で発煙筒を焚く馬鹿のせいで武蔵野線運休。
憎しみで人が殺せたら…!
明日行くことにすゆ。

テーマ:★おすすめ映画★
ジャンル:映画

春を待つ季節

先週の「玉ニューロックフェスティバル’12」合わせで大量のお面を生産していたがために休日は職人のような日々であった。
おもうさま映画を観たり、わび茶器を見物したり、孤独のグルメツアったりする時は今!!
まずはスピルバーグ監督作品「戦火の馬」を観る。
なんか以前に予告を観たときに書いたとおりの内容だった。
気持ちいいくらいに直球勝負なストーリーだた。

テーマ:★おすすめ映画★
ジャンル:映画

映画三連弾!

「海賊戦隊ゴーカイジャーっVS宇宙刑事ギャバン」を観た。
シネマ歌舞伎「天守物語」を観た。
「ベルセルク黄金時代篇1覇王の卵」
さすがに疲れた…。
一日シネコンにこもりっきりだわ。
ゴーカイVSギャバンはギャバンが出てくるなりなんか涙が出た。
あれれ!当時高校生の俺はガキ番組は見ないでいたのになあ。
「よろしく勇気」でもう落涙状態。
人生で大事なことはみんな戦隊と宇宙刑事と仮面ライダーが教えてくれたのかもしれない。
いつもはシニカルなマーベラスが今回は浪花節全開。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画

この間見た東京タワーの上を旋回していた飛行機はなんだったのか

「ALLWAYS三丁目の夕日’64」を観た。
昭和三十年代最大にして最後のトピック東京オリンピックが来た。
東京タワーで始まり、東京オリンピックで終わる物語。
日本がもっとも元気だった時代。
おなじみの登場人物が成長して、それぞれの生き方を選んでいく。
ある時代を理想郷であるかのように描く演出には異論もあろうが、フツーの人たちがそれなりの問題をかかえて生きているのは今も昔も変わらない。
前回までは保護される存在だった淳之介少年が成長にともなう痛みを体現する。
集団就職で鈴木オートに来た六子も鈴木オートから巣立つ日が来る。
予定調和ではなく、ここから別の物語が始まるところで映画は終わる。
きれいにまとまっています。
3Dで観たほうが面白かったかも。

主役の一人茶川竜之介役の吉岡秀隆が寅さんの甥役だったのを今思い出した。
ある意味「男はつらいよ」のほうが善人ばかり出てくるような気がする。
(「男はつらいよ」は昭和30年代にあったような人々のつながりを動態保存した作品ではある)


映画のあとは、こないだの「孤独のグルメ」に出てきた西池袋の「楊」に行く。
冷たい雨が降るなか行列ができていた。
汁なし担々麺
汁なし担々麺…辛っ山椒の粉だから唐辛子とはちがう辛さだが、それにしても麺の量多っ!
途中からは一口ごとに水を飲まないとやっとられん状態。
まぜた
あまつさえ焼き餃子を食う。
焼き餃子
うおォん熱い汁が飛び出す!
一口でほおばらないと危ない。
一品あたりの量が多いので何人かでシェアしたほうが良いと思う。
汁なし担々麺は辛いので善し悪し。
ほかにも美味いものがありそうではある。
いやゴローちゃんは確かに食べ過ぎだわ。


テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画

映画におぼれたい

「ブリューゲルの動く絵」を観た。
ブリューゲルは16世紀フランドル絵画の画家。
「バベルの塔」が有名ですね。
群衆の描き方はヒエロニムス・ボッシュの影響が見られる。
「十字架を担うキリスト」をモチーフに一本の映画に仕上げている。
始まりから終わりまで絵画の中で物語が進む。
十字架をゴルゴダの丘に運ぶキリストが絵画中央に小さく描かれている。
そして周囲に描かれる群衆、兵士などはすべて16世紀フランドルの風俗である。
ありえないほど高い岩山の上には粉挽きの風車もある。
それら絵画に描かれたものをひとつひとつ解き明かすように映画は進む。
VFXの進化がありえない映像を作り出している。
あらゆるシーンで背景に絵画の遠景が写りこんでいる。
もともとの絵は複数のパースが存在する奇妙にゆらいだ印象なのだが、見事に生身の俳優がはめこまれている。
一幅の絵画から読み取れることから一本の映画ができるとは…技術もすごいが、監督レフ・マイエフスキのイマジネーションに脱帽。

テーマ:★おすすめ映画★
ジャンル:映画

聯合艦隊司令長官 山本五十六

初詣では帝釈天~神田明神ライン。
帝釈天はすごい人ごみですこと。
焼き草団子、升酒と焼き鳥。
焼き鳥のタレがジャケットのえりに付いた…。
この次は塩にしよう。
神田明神はさらにすごい人。
コミケでもめんどいから行列しなかったのに!(だから甘ったれだと言うんだ)
将門公のお札とIT情報安全守りをいただく。
天野屋で試食のたくあんポリポリ。

テーマ:映画館で観た映画
ジャンル:映画

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。