091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

category :リラクゼーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶の湯の友に

茶の湯デザイン
PEN BOOKS「茶の湯デザイン」
わかりやすいよいテキストです。
ああ本物の茶室に入りたい。
長次郎にさわりたひ。
うぬう無駄に目が肥えたおのれをほめてやりたい。
なんちゃって数寄者だけどさあ。

続刊「千利休の功罪」
スポンサーサイト

テーマ:日本文化
ジャンル:学問・文化・芸術

恐怖花粉人間

昨日から抗ヒスタミン剤を服用。
鼻水がぴたりと止まった。
多少すする程度、まぶたのかゆみも気にならない。
発症より数年ひたすら花粉が減るまで耐える日々だた。
こんなよく効くとは思わなかった。
抗ヒスタミン剤特有の導眠効果も日中はさほどでもない。
ただし鼻孔とくちびるが乾く。
くちびるがガサガサした感じ。
花粉の季節が終わるまで、くちびるにキスしないでください。

テーマ:花粉症対策
ジャンル:ヘルス・ダイエット

朝の猫狩り

ねこ1

朝は墓場で運動会
楽しいな
楽しいな
仔猫はかわいい~♪


ねこ2

ねこ3

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット

冬眠暁を覚えず

眠い。
緊張の糸が切れた。
連日の執筆が体にもたらしたダメージは思ったより大きい。
電車ですわると瞬間睡眠。
そして乗り過ごすのである。
仕事中も立ったまま眠りそうになる。
誰かオラに仙豆をください。

テーマ:健康
ジャンル:ヘルス・ダイエット

萩の園

花

向島百花園」に行きました。
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/outline032.html

看板

江戸時代から数寄者が集う庭園です。
さるすべり

テーマ:ちょっとおでかけ
ジャンル:旅行

屈強な健康診断

バリウム飲んでる~?
上部消化管造影。
X線透過を阻害するバリウムを飲み込み内臓内の潰瘍などの有無を確認するのである。

http://http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000256.html
オッサンたるもの年に一度はバリウムを飲むのである。
ものの本によると不死の霊薬をさがしていた秦の始皇帝が罵詈有無に命じて発明させたと云う。(←うそ)
でっかい検査台に横たわり、ベッドごと寝たり起きたり。
ちょっと整備ベッド上のガンダム気分。
「げっぷしないでください」
げっぷするなと言われるとしたくなるのが世の常。

「うぐぅえ~っぷ」
てへっ出ちゃった。
検査技士の人は冷静に。
「はい炭酸も一度飲んでください」
しかしのどごしの悪いバリウムの食感が残って気持ち悪い。
「ハイ左向いてください」

テーマ:健康第一
ジャンル:心と身体

明日のために今日も寝れ

なんか鍼が思いっきり痛いんですけど。
めいっぱい筋無力状態。
とてもオネムなわたくし。
あまりに眠い。
そうだ。こういう時は“ロック”を聞くのだ。
ビートのきいたロックサウンドで全身の細胞を活性化するのだ!
折悪しくCDデッキに入っていたのは…
「チルボンのガムラン」
ああ~癒やしの音曲じゃあ~。
すみやかに瞑想。

テーマ:癒し
ジャンル:心と身体

暗闇に掲げられた灯

ぐりぐらとすみれちゃん」をよみました。
こころがあらわれるようです。
でもくっきょうなえほんをつくるとき、ひどいはなしになるのふふ。

テーマ:心の成長日記
ジャンル:心と身体

明日を夢見て

なんかオカルトっぽい話題が続くのですが。
トップページを観音経に替えてみたりして。
デジタル写経って霊験あらたかなのでしょうか?
勤めに出るときお守り袋に粗塩持っていくべきなのか?
果たしてアジシオではどうなのか?
味の素は無効なのか?
興味が尽きないのでございます。
なんで会社に行くのに霊的防御の心配せんならんねん!!
こっそり悪気媒介の机の周りに結界作ってやる。
粗塩の包みを四方に貼り付けてやるわ!!
ともあれ毎朝の勤行再開。
朝っぱら、腹から声出すのはなかなか気持ちいい。
線香持って各部屋をお清め。
部屋は片づかないが、霊的には清浄な空間である!

テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体

助けて百太郎!

悪い気が肩にのっかった。
気温は30度を超えて風がやや強い。
寒い…背筋に悪寒が~。首が冷えている…ヤバ!!
このままでは呼吸器に致命的なダメージを受けてしまう。
気の回転を上げろ俺。
「ガオ・ガイ・ガー!」(気合い)
ファイナルフージョン失敗。
エナジーが抜けていく~~。
「プロテクトシェード!」左手で吸引。
首の循環再生。
さらに天玉そばで内臓を加熱。
よっしゃ復活ぅ!!
塩まいて香をたきました。

「翔ぶがごとく」第九巻読了。
西郷軍は敗走。最期の時が迫る。
西南戦争での実戦経験があってこそ陸軍は日露戦争で戦い得たのではないかと思う。
「ぐりとぐらのかいすいよく」
うみぼうず…たまたま泳ぎに来ていた子供に見えるのは私の心が汚れているからなのかしら。
声は玄田哲章でお願いします。

テーマ:たわごと
ジャンル:心と身体

元気玉

鍼治療の日。
ここ数日やたらと代謝機能が高まる。
むやみに気を放出中。気というものはオカルティックなものではなく、体表面の発熱による熱対流のふるまいを指すのではないかと考えている。
鍼を打つと代謝が良くなり、肩から上が暑くて仕方がない。
気には「陰気」と「陽気」があり、やたらと押し出していくエナジー発散型のわたくしのは「陽気」まさしくゆかいで楽しい陽気なサザエさン。「北斗の拳」における闘気もこんなものか。「北斗の拳」が出てきたので「天将奔烈」とかしてみる。
えらい人に怒られた。
良い気が集まるなら良いが、悪い気が集まることも多いので、むやみやたらに気を放出してはいけないそうだ。どうやら気はジェットエンジンのごとく集めて放出できるとのこと。
人に強い気を当てると体調を崩したりするのでこれも禁じ手。
これからは北斗神拳を医術に用いていこうと思うわたくし。

リラックス~

今日は週に一度の鍼の日である。
ホームページいじりで首と背中がガチガチになってしまた。
新松戸で鍼を打つ。
鍼は体質にあっていると見えて実によく効くのである。
普段は「気」をめぐらして、こりをヒーリングするのだが、パソコンに向かう疲れはなんともやりきれぬ。
セルフヒーリングを試すうちに、ヨガで云うところの「小周天法」と「大周天法」はできるようになった。
丹田に下ろした気を会陰から脊柱、喉へ登らせ頭頂の百会へ導くのが「小周天法」。丹田から両足の裏の涌泉に気を下ろし百会に登らせるのが「大周天法」である。小周天を行うと首のまわりが暑くなり代謝が良くなるのが分かる。気の流れをイメージすること、治癒のイメージが肉体に作用する(まさに…)気は心と言えようか。
ちなみに「大周天法」を行うと足の裏がかゆくなる。真冬向きなり。
「シグルイ」第三巻(原作・南條範夫 漫画・山口貴由)購入。

最近の記事

リンク

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

藤沢さン

  • Author:藤沢さン
  • 見かけはモーヒアス。
    本を読まないと死ぬ。映画を観るしアニメも観る。
    おいしいケーキと紅茶の店にもくわしい。
    なんか忙しい毎日。

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。